多重債務 陥りやすい人 解決法

多重債務に陥りやすい人と解決法

すべてのカードから借金を

 

多重債務とは複数の金融機関に借入金などの返済をしている人を言います。ただ、返済するとはいえ毎月の返済額は利息部分が優先なので、肝心な元本は減ないことが多いのです。

 

実は多重債務になる人のパターンは決まっているのですが、このような生活とは現実的ではないでしょう。

 

多重債務とはどんな状態

多重債務に陥ると、毎月の返済だけで収入のほとんどが消えてしまいます。将来の展望も立たず、永遠に返済し続けないといけない負のスパイラルに陥るでしょう。こんな生活がいつまで続くのかとノイローゼになり、精神科のお世話になる人も少なくありません。

 

消費者金融やクレジットカードのリボ払いは、毎月の返済額のほとんどが利息に消えます。そのような低額の返済額しか設定していないからです。

 

それでもお金が足らなくなると、別の方法で借金をしようとします。どこかでこのスパイラルを断ち切らなければいけません。

 

2か所以上の返済をすること

多重債務とは2か所以上から借入等をすることを言います。そのため、個別の金融機関等に対する返済額は少なくても、実際の返済額は結構な金額になります。

 

中には収入のほとんどが返済に消えてしまうこともあり、まともに生活ができないことも少なくありません。

 

減る傾向にありますが…

貸金業法や割賦販売法の規制により、多重債務をすること自体できなくなりつつあります。そのため、多重債務者の数は減りつつありますが、まだまだ少なくありません。

 

このような方々を救う方法は返済を愚直に継続させることではないはずです。

 

多重債務に陥りやすい人とは

 

いくらお金があっても足りない

 

では、どんな人が多重債務に陥るのでしょうか。多重債務に陥る人の多くは金銭感覚がない人だと言われています。

 

先ほど述べたように、お金が無くなると他の金融機関からお金を借りてしまうのです。そこで節約できる方法はないかと考えればいいのですが、そうしないから多重債務に陥ります。

 

金銭感覚がない

金銭感覚がない人は、お金を大切にしません。多重債務者の自宅には衝動買いで購入したブランドバッグや高額な家電製品が並んでいることがあります。

 

ただ、残念ながらそのバッグを持って出かける暇がなかったり、電気代の支払ができずに電気を止められたりすることもあるようです。

 

自転車操業型の人

このように金銭感覚がないと、お金が足りなくなるとどこかから調達しようとします。返済が厳しくなっても同じ方法で乗り切ろうとするでしょう。

 

貸金業法の総量規制で借入ができなくなったらクレジットカードの現金化で乗り切ろうとするかもしれません。

 

しかし、どこかで返済しなければいけません。ただ、先ほど述べた通り元本はなかなか減りません。雪だるま式に借金が増えるだけなのです。

 

解決のためにどうすべきか?

 

借金まみれでいつも金欠

 

では、多重債務に陥ったらどうすべきでしょうか。銀行等の金融機関は、多重債務者に対しておまとめローンを提案しています。

 

複数の借入金を一本化することで利率が下がり、返済額が少なくなるだけでなく、返済スケジュール通りにすれば夢にまで見た完済も可能と言われます。

 

ただ、なかなかすんなり希望通りに解決することは少ないようです。

 

おまとめローンは無力

おまとめローンは魅力的な宣伝の割に効果がありません。金利がほとんど下がらないので効果がないのです。

 

また、毎月の返済額を現実的な額にすると返済額はほとんど変わりません。結局利息しか払えずいつになったら完済できる分からなくなります。

 

債務整理しか方法はない

こうなると手段は債務整理しかありません。多重債務者の唯一の救いは、現在返済ができているということです。

 

つまり、任意整理を決断し元本部分だけの返済に契約変更すれば3年から5年間で完済できます。

 

曲がりなりにも返済ができる状況にあるうちに任意整理を選択し、元本だけの返済にして完済することをお勧めします。

 

これを機に生活を改めよう

 

金銭感覚をしっかり身につけて

 

債務整理をすることで、今まで利用していたカードローンもクレジットカードも一切利用できなくなります。そのため、現金主義の生活に変わるのです。

 

デビットカードを使えば、クレジットカードのように利用することができるので日常生活で支障が出ることは少ないでしょう。ただ、預金残高がないと決済できません。これを機に生活態度を変える必要があります。

 

貯金をするという習慣

債務整理をするとクレジットカードもカードローンも使えなくなるため、お金が急に足りなくなるような緊急事態に大変なことになります。

 

そのため、貯金の習慣を作ることが必須です。また、現金主義に生活を変えるため、自分の生活態度も変えなければいけません。

 

現金主義に変えよう

生活を現金主義にすることで、財布又は預金の残高しか買い物ができなくなります。水道光熱費の支払も預金残高がないとできません。

 

この生活を続けることができるようにすれば、二度と多重債務に陥ることはありません。これを機に生活を改めることが大切です。

 

一度多重債務に陥ると、脱出することは簡単ではありません。それどころか往々にして深みにハマります。

 

金銭感覚がない人が多く、返せないと他の借入をしようとする自転車操業型の人が多いからです。

 

このような負のスパイラルから脱出するためには債務整理しかありません。そして、これを気に自分の生活を反省することも大切でしょう。

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

匿名無料メール診断

借金返済に困ったときの対策が分かるトップページへ戻る借金を返せない時はこちらのトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの返し方、どうしても返せないまま滞納している時にすべき対策を紹介しています。